未分類

おかえりモネの清原果耶は演技が下手!?芸歴や出演映画についてご紹介

Pocket

こんにちは!

今回はおかえりモネの清原果耶は演技が下手!?芸歴や出演映画についてご紹介していきます。

2021年5月17日からスタートしたNHKの朝ドラ「おかえりモネ」ですが、どうやら清原果耶さんの演技について下手!というコメントが結構ありました。

なぜそのように捉えられてしますのか?

清原果耶さんの芸歴や出演されている映画についても紹介していきながら検証していきます。

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」の主人公、永浦百音役として出演されています。

NHKの朝ドラではこれが出演3作品目で過去には「あさが来た」、「なつぞら」にも出演されていて2つとも20%台の高視聴率の作品になりました。

ニュース情報では共演している今田美桜さんが朝ドラクイーンの筆頭候補に変わってしまうのではないかとの情報も出てていて、まさに”清原果耶喰い”なんて表現をされてしまっていました。

予想よりも早く、ヒロインとして朝ドラに出演されている清原果耶さんですが、なぜ今回の「おかえりモネ」では演技が下手とのコメントがあるのでしょうか?

調べていきましょう!

 

おかえりモネの清原果耶は演技が下手!?

おかえりモネの清原果耶は演技が下手なのでしょうか?

意見としては

・ポカンとしすぎ!

・声が小さい時があって聞き取れない

という意見や、理由もなく見てられないなど根拠のないコメントもありました。

ただ、ほとんどのコメントでは演技がうま過ぎ!これは末恐ろしいなどのコメントもあります。

山田孝之さんは演技がうま過ぎて共演するのが怖いと言っているくらいです。

 

「おかえりモネ」はストーリーが駄作?

そもそも誰それの演技の問題ではなく、ストーリー自体に問題がるのではないか?と考えている方もいます。

・主人公の都合に合わせて展開するストーリーが現実的ではない。

・そもそも気象予報士って3回くらいで受かるものなの?

・おかえりモネは、脚本が下手なのか、監督が下手なのか

他にも調べてみると多々ありましたが、東京オリンピックやパラリンピックとも重なり視聴率的には苦戦を強いられていることは確かです。

清原果耶さんは主人公ですし、ドラマなどは視聴率がすべてなのでその分、責任の所在が主人公や共演者に降りかかることもあるので、下手などのコメントが出てくることがあるのかもしれません。

 

おかえりモネの清原果耶の芸歴は?

清原果耶さんの女優としてのデビューは2015年から本格的に芸能活動をしており、デビュー作品としてはNHKの朝ドラ「あさが来た」です。

2016年には『放送90年 大河ファンタジー 精霊の守り人』、『毒島ゆり子のせきらら日記』、初主演は『死幣-DEATH CASH-』。

2017年には、約500人が参加したオーディションを勝ち抜いて映画『3月のライオン』に出演、川本ひなた役を演じて迫真の「泣きの演技」で一気に注目を集めました。

清原果耶さんのすごさはこの泣きの演技は有名です。

2018年には『第97回全国高校サッカー選手権大会』の14代目「応援マネージャー」に就任。

2019年には新垣結衣と並んでコーセー「雪肌精」のCMキャラクターに起用され、7月より「雪肌精」化粧水のテレビCMに出演

2019年1月25日公開の映画『愛唄 -約束のナクヒト-』でヒロインの凪役を演じ、翌1月26日公開の映画『デイアンドナイト』ではオーディションで約500人の候補者の中から選ばれてヒロインの大野奈々役を演じる

両作および映画『いちごの唄』での演技により第32回日刊スポーツ映画大賞新人賞を受賞。

2019年7月には、『あさが来た』『透明なゆりかご』での演技で見せた「芯の強さ」が評価され、同年度前期のNHK連続テレビ小説『なつぞら』で2度目の朝ドラ出演を果たす。

終盤では30代の母親を演じて17歳とは思えない迫真の演技により注目を集めました。

 

おかえりモネの清原果耶の出演映画は?

清原果耶さんが出演されている映画は

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

(2016年12月東宝)福寿愛美(中学時代) 役

「3月のライオン 前編 / 後編」

(2017年3月 / 4月、アスミックエース) ヒロイン・川本ひなた 役

「ユリゴコロ」

(2017年9月、日活) – 美紗子(中学生時代) 役

「ちはやふる -結び-」

(2018年3月、東宝) – 我妻伊織 役

「愛唄 -約束のナクヒト-」

(2019年1月、東映) – ヒロイン・伊藤凪 役

「デイアンドナイト」

(2019年1月、日活) – ヒロイン・大野奈々 役

「いちごの唄」

(2019年7月、ファントムフィルム) – 天野千日(中学生時代) 役

「宇宙でいちばんあかるい屋根」

(2020年9月、KADOKAWA) – 大石つばめ 役

「望み」

(2020年10月、KADOKAWA) – 石川雅 役

「花束みたいな恋をした」

(2021年1月、東京テアトル・リトルモア) – 羽田凜 役

「まともじゃないのは君も一緒」

(2021年3月、エイベックス・ピクチャーズ) – 秋本香住 役

「砕け散るところを見せてあげる」

(2021年4月、イオンエンターテインメント) – 尾崎 妹 役

「夏への扉-キミのいる未来へ-」

(2021年6月、東宝・アニプレックス) – ヒロイン・松下璃子 役

「護られなかった者たちへ」

(2021年10月1日公開予定、松竹) – ヒロイン・円山幹子 役

映画については14歳でデビューしていることになります。

まだ、20歳にならずに30歳の役柄をこなしていたり、落ち着きのある演技から、感情的なシーンもこなせる素晴らしい女優さんです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はおかえりモネの清原果耶は演技が下手!?芸歴や出演映画についてご紹介していきました。

今回の「おかえりモネ」では清原果耶さんの表現によるものでの問題ではなく、演出による、ストーリーに沿った清原果耶さんの思いがこれから表現されていく過程なのではないかと推測します。

私の個人的な思いでは清原果耶さんはとても演技が上手だと思います。

役になりきるという意味では10月までの放送ですのでまだ、半分を過ぎたくらいのストーリーですので、これからの展開でどんでん返しがあるかもしれません。

演技がうますぎると意見が割れるというコメントもありましたので、私はそう信じています!

本人も言っている「負けず嫌い」な性格からもこのまま言わせっぱなしにはならないと思います。

今後の清原果耶さんの活躍を左右する作品でもありますので、暖かい目で応援していきたいところです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ABOUT ME
Takama3
名前:takama3(たかまさ) 千葉在住 ITがまだまだ普及しない建設業界勤務 うんちく知識が大好きな2児の父